投稿者「admin」のアーカイブ

骨盤矯正で妊娠前のジーンズがゆるゆるに!

妊娠中の女性や子供が欲しいと思っている女性のなかには産後に体型が変わることを心配している人も多いようです。実際に私も一人目を出産後には体重は戻ってもお腹はポッコリし、腰周りの骨が広がり妊娠前のジーンズなんてぜったいに履けない状態でした。妊娠出産で骨盤が開くことは知っていましたが矯正しようとは思わず、産後に体型の変化に気付いたときにはすでに手遅れでした。
この失敗をふまえて二人目のときはしっかり骨盤矯正を予習し、妊娠中から骨盤ベルトを着けて生活しました。骨盤ベルトを使い始めたのはつわりが落ち着いた6ヶ月くらいで、最初の数日はなんだか落ち着きませんでした。しかし慣れると下半身がホールドされる感覚が気持ちよく1日中着けていても不快にはなりませんでした。特に後期に入りお腹が巨大になるとふらつく体を支えてくれるようで頼もしかったです。骨盤ベルトを着けていると長く歩いても腰や脚が痛くならないので上の子と散歩に行くのも快適でした。最初の妊娠では後期に入ると体のあちこちが痛かったのですが、二人目のときは骨盤ベルトのおかげかアクティブに生活することができました。
産後は悪露のあるあいだは骨盤ベルトは使いませんでした。新生児の育児や家事で毎日クタクタで骨盤ベルトを着ける時間もありませんでした。また渋谷の骨盤矯正に行こうかと思いましたが、渋谷は遠いし、そんな余裕はありませんでした。出産により下半身の骨がぐらつくことも歩きにくくなったことも感じましたが、骨盤が固定されるまでには半年くらいかかると知っていたので焦らず過ごしました。産後1ヶ月たち悪露がなくなってから骨盤ベルトの装着を再開しました。子供が二人いると装着するための時間がなかなか取れないのですが、そこは夫に協力してもらいました。一度着ければそのままトイレにも行けるタイプのものを買ったのでそこまで不便は感じませんでした。
骨盤ベルトを着けると本当に骨盤が狭まるのが感じられました。しっかり締めると歩きやすくなり、このまま続ければ細くなれると期待できました。骨盤ベルトを着けてしまうと脚を組んだりお姉さん座りすることが難しくなります。脚を組むことは若いころからのクセでしたが、体をゆがませるのでこの際やめようと思いました。
そして現在産後10ヶ月です。不安定だった下半身はすっかり安定して骨盤ベルトなしでもたくさん歩けるようになりました。体重は産後4ヶ月で元に戻り、骨盤ベルトは6ヶ月まで続けました。その結果妊娠前のジーンズは余裕で履けるようになり、お腹も一人目のときより凹んでいます。
私の場合は妊娠前よりウエストが細くなり、骨盤矯正さえすれば妊娠・出産は痩せるチャンスだと実感しました。現在の悩みはふにゃふにゃのお腹の皮と正中線ですが、産後ダイエットは意外と簡単にできるので太ることを心配せずに出産に挑んで欲しいと思います。